フォトブライト治療

ページ

鳥取県内初導入。安心の技術をお試しください。

キュテラ「ライムライト」&「アキュチップ」

光治療機は皮膚の浅い層(表皮)の中にある色の濃い部分に直接働きかけ、シミやソバカスを改善すると同時に細胞のターンオーバーを促進することにより停滞したメラニンの排泄を高めます。

最新光治療「フォトブライト治療」とは、キュテラ社が開発した光治療器(ハンドピース)を用いたIPL治療のことです。光照射が表皮と真皮に作用し、表皮層では肌のターンオーバーの正常化を促しキメを改善、色素の濃い部分に反応してメラニンを分解し、滞っているメラニンを排出して、くすみの改善をします。

「ライムライト」ハンドピースは日本人の肌(色白の方から色黒の方含む)を考え、数ある光治療器の中でも比較的痛みが軽く、従来のIPL治療器(フォトフェイシャル・フォトRF)で諦めかけていたしみやそばかすに対しても高い効果が期待でき、自信をもってお勧めできる治療です。

「アキュチップ」はメラニン色素とヘモグロビンへの吸収率が高い500~635nmの波長を持っており、メラニン色素を破壊し、熱作用によりしみや、そばかすの改善を行います。

治療頻度について

症状や反応にもよりますが、基本的には2〜4週間隔で3〜5回の治療を繰り返し受けることをお勧めします。症状の改善が得られたあとは、メンテナンスのために3ヶ月を目安に治療を続けることをお勧めします。