漢方医療

ページ

現代の医療に漢方医療をプラスすることで東西両医学の融和を実践します。

漢方外来で担当させていただく病気は多岐にわたります。病状に合わせ西洋医学的治療と東洋医学的治療を有機的に組み合わせ、幅広い診療を実践していきます。まずはご相談ください。

婦人科の医療としても効果的な漢方医療

女性のからだは、女性ホルモン分泌の影響を受けながら絶えず変化しています。

女性ホルモン分泌の変化や喪失は、体調や精神面に微妙な影響を及ぼし、月経痛や原因のはっきりしない冷えや肩こり、イライラ感なども、その影響と考えられます。このような症状は西洋医学では「不定愁訴」「自律神経失調症」と分類され、治療しにくい、または治療の必要がないとされがちでした。

漢方治療は、こうした「不定愁訴」に効果を発揮しやすいことが大きな特徴のひとつになっています。当院では近年では科学的な証明も数多く報告されている漢方療法を取り入れることで、不定愁訴の多い婦人科系の医療に取り組んでいます。